炭水化物制限、推奨しない・・・だってさ。

また、NHKの朝のニュースで 糖質制限のネガティブキャンペーンはってた。
もちろん、日本糖尿病学会さんのキャンペーン。
はいはい、もう 聞き飽きましたよ~。

肝臓の悪い人に 「飲酒を控えてはいけません」 って言うてるのと同じだね。
心臓の悪い人に 「ジェットコースター乗りなさい」 って言うてるのと同じだね。



その日本糖尿病学会さんが推奨する 〔カロリー制限食〕というものを、病院で指導を受けて以来、2年やりました。
日本糖尿病学会さんいわく、「バランスのいい食事」 なのだそうな。
でも決して、糖尿病の治療食ではないのだそうな。。。笑っちゃうわ。

その食事内容は、だぁさんの身長や体重を考慮して 
米飯なら 1食 250g 摂れというもの。
無知だった私たちは きちんと摂ってました。
タンパク質は 1食につき 1単位。
1単位というと、たまごならMサイズ 1個  牛肉なら40g  鯖なら40g 豆腐なら100g。
ほぼ手のひらに収まるくらいの量。
タンパク質を組み合わせる料理なら、1単位になるよう計算する。
あとは、野菜・きのこ・海草を 1食 100g以上摂る。
脂は ほんの少量。

真面目に分量を測って、こんな食事内容を続けました。

だぁさんは、少々強めの薬を処方されて服用開始。
HbA1cは、ほぼ正常範囲内におさまってきた。

HbA1c は。

体重、2人とも減った。

単純に、痩せて喜んでいた私。
でも、このカロリー制限を始めて 最初の冬から 私の手の指先は 皸。
肌はガサガサ。粉ふいた状態になり、顔は痛いくらいに乾燥した。
ひび割れた指先は、夏になっても改善されなかった。
ガチガチに乾燥して、おばあさんの手のひらみたいになり、指先にプラスチックのカバーをあてているような感覚がずっとあった。
ひび割れて開いた傷口から食器洗剤などが中に入って痒くて眠れない。
皮膚科でステロイド剤を処方してもらって使用する日々。

そして、ひどく疲れやすくなった。

1年経った頃から だぁさんの体重が微妙に増え始めた。
平行して HbA1cも すこーし 数値が高くなりはじめた。
次回の診察までには なんとか下げよう って頑張った。
頑張ったのに・・・・次の診察も、その次の診察も 下がることは なかった。
HbA1c は、8.0 まで上がってしまった。
食後2hの血糖値は300近く。

私の作る食事内容が悪いんだと思い悩んだ。
カロリーを減らしすぎて お腹すかして ふらふらして 
それでもだぁさんの病気(数値)は悪化していく。
おいしいものなんて まず食べられない。
こんな食生活を、この先ずっと続けるのかと思うと ため息しか出ない。

私はだんだん精神的にも弱くなった。
喧嘩なんてしたことなかったのに、大喧嘩することが増えた。
私、キレる主婦になっちゃった。
急にモノを壊したくなったり 泣きたくなったりする。
実際、後々のことを考えては 泣いてばっかりいた。
いろんなことが面倒になり、人と接することも敬遠するようになった。
大好きだった飲み会にも行かなくなった。
楽しかったゴルフもやめた。ソフトボールの練習も休みがち。
私、一度 精神科を受診しようって 思い始めてた。


そして、誰が巡り合わせてくださったのか・・・ 『糖質制限食』 開始。
2ヶ月で だぁさんの血液検査項目、全ての数値が正常範囲内におさまった。
驚いたのは BNP 25.2 ⇒ 2.8
つまり、心臓に軽度障害がある状態 ⇒ 正常  になった。
だぁさん 動脈硬化がひどく進行していたし、軽度狭心症の発作がたまに出ていたから
長い階段とか 途中で休まないと 最後まで登れなかった。
それが、2ヶ月で・・・たった2ヶ月の食事改善で 息切れもせず 走って登れるようになった。

抜け毛が異常にひどかった だぁさん。
毛量少ないね、後頭部ちょっと薄いね って感じだったのに いまじゃ ツヤツヤのふさふさ!
体重は思うように減らないけど、お腹の上のポニョは ずいぶん小さくなって 
ポニョの妹くらいになった。

私はというと、糖質制限食を開始して2週間で まず指先のひび割れが全てなくなった。
プラスチックのカバーが外れたように、指先の感覚が完全に戻った。
顔の乾燥もなくなって ツルンツルンしてる。
皮膚の内側がうるおって満ちてる感がよくわかる。
この冬、ボディローションをつけたのは 1-2回。
体重も半年で9kg減。
単に体重が減ったのではなく、要らない部分の要らないモノが落ちた。
考え方も ものすごく前向きに変わった。
キレることもなくなった。泣くこともなくなった。
人との交流も、昔どおり 楽しいと思うようになった。
ひどい眠気もなくなった。
若い頃より体力がついた気がする。

私は恐らく 低血糖症 だったのだろうって、いまになって思う。




日本糖尿病学会さん。
うちのだぁさん、あなたがたのいう バランスのよい食事で 確実に糖尿病を悪化させ、
もうちょっとで大きな合併症を引き起こすところでした。私も不調になり、我が家は崩壊寸前でした。
あなたがたも、そのバランスのよい食事 やってみてください。
炭水化物と野菜中心の食生活を 何年か続けてみてください。
何年か続けて、その食事内容こそ ヒトの健康を維持できるというエビデンスを得られたら
(今は、そんなエビデンスないらしいじゃん) 
そのエビデンスありきで 糖質制限食を否定しください。




人間は 間違いなく肉食動物だもの。
タンパク質が不足したら 体も脳も衰える。
炭水化物でお腹を満たすような食事は、やめないといけない。
若いうちから習慣づけないといけない。


早く 早く 日本も欧米諸国に追いついて もう少し世の中が変わってくれることを
ココロから祈るばかりです。


私なりの ちーさい反抗でした。




 
[PR]

by chiha2323 | 2013-03-19 12:30 | 糖尿病とのお付き合い  

<< ツナとひじきの煮もの やる気ない夕食 >>