身体にとって、自然なもの

c0286531_23534264.jpg


*まぐろ、ホタテ、シラウオ刺身
*牛肉と野菜の蒸し焼き
*もずく酢
*イカの塩辛 豆腐のせ

まだ読み切ってませんが、危ない油の本を読んでいるところです。

身体に良いものって、身体に自然なものってことなのねってことがだんだん具体的にわかってきた気がします。
そして、その自然なものという概念にもずいぶん誤解があることも。

根拠もないのに、身体にいいらしい、栄養価が高いらしい、逆に身体に悪いらしい…って言うのはたいてい企業のビジネス商法に操られていることがほとんどなんだね。

誰も本気でヒトの健康なんて考えてものを作って売ったりなんかしてないんじゃん…って改めて驚愕。

ある製薬会社のCMで、「みなさまの健康が私たち○○製薬の願いです。」なんてやってるけど、みなさまが健康になったら困るのが本音だよね?

身体に自然でいいものを販売するとなると コストが高くなって売れないから、ヒトの健康云々よりも売れる商品を開発販売するのは企業として当然だよね?

本当に身体にとっていいものを口にするためには、ちょっと勉強する時間を取る必要がありそうです。

自己防衛しかありません。

とにかく油を使わない調理って、幅が狭いのですが、これがヒトという動物にとって自然な栄養の摂り方なんだろうな〜って思いながら今夜の食事の用意をしました。

ずーっとこんな食事ってのは、無理ですけどねー。023.gif





ランキングに参加しています。
このボタンをポチッとして頂けると、励みになります。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

ありがとうございます。
[PR]

by chiha2323 | 2013-08-03 23:19 | 食事  

<< 夏がくれば思い出す…空の家 質のいいHbA1c >>