ピーマンのじゃこ炒め と 塩加減のこと。

c0286531_1705992.jpg


今日の私の昼食。

*ゆでたまご 2個
*豆腐 おかずラー油のっけ
*ピーマンとじゃこ炒め


今日はひとりだったので なんてことないおかずです。

ピーマンのじゃこ炒めをするとき、私は まず ピーマンを蒸し焼きにしてます。
ピーマンを千切りにしたら 油をひかないフライパンに入れて 蓋をして蒸し焼きにします。
 (レンチンでもいいのかも。でも、私はやったことはありません。)
ピーマンが少ししんなりしたら いったん取り出します。
次に 油をひいて じゃこを炒めます。
お砂糖を使わないだし醤油少々で 風味がつく程度に味つけします。
私は、水で3倍くらいに薄めてます。
じゃこの塩気もあるので、そのあたり調整してください。
炒めたじゃこと 蒸し焼きにしたピーマンを さくっと合わせたら 
最後に鰹節をたっぷり混ぜて 完成。

ピーマンを油で炒めないほうが、ピーマンの皮が固く感じないのと
甘味が出るし、色合いもいいですよ。

冷蔵庫で2~3日は日持ちするので お弁当のおかずにもなります。



糖質制限をしていると 自然と薄味好みになり
シンプルな料理を好むようになる といいますが、
我が家も例にもれず、前よりも薄味になりました。

塩味って 足りないと味気ないし、多すぎるとしょっぱくて食べれないし
塩加減って 本当に大事です。
なんてことない ピーマンのじゃこ炒めでも 前と同じように作ると
しょっぱくて 食べれません。

糖質制限をするようになっても なんとなく目分量で以前と同じように作ってしまったり
普通のレシピを参考にして、調味料も記載の通りで作ってしまうと
味が濃すぎて、塩が強すぎて・・・うあっ、食えんっ!
っていうことが しょっちゅうありました。

いまでも たま~に やらかします。
以前と同じように作ってしまって
しょっぱい~~~ 作り直し~~~ ってこと。
学習能力ないな~って すごーーく凹みます。

濃い味を好む人が多い名古屋ですからね、
長い間 濃い味付けで調理してきて すっかり慣れてしまっているので
薄くするってことが下手なんです、私。
濃くするのは 簡単なのにね。

何よりも塩加減が上手な人が 料理上手なんだと思ってます。個人的に。



こちらでは 台風のピークは朝10時くらいには去ったな~って感じでした。
昨日のうちに食材の買い物も済んでいるから 外に出る用事もなし。
今日は 私は仕事が休みだったので 朝からゴロゴロ。
久しぶりに ひとりの時間。
台風が去った後の 吹き返しの風が 乾いてて涼しいです。



c0286531_1744227.jpg


レイちと一緒に だらだら ゴロゴロ。
レイちはいま、ひよこ顔のサンタリーパンツ、履いてます。


昨日、いつものスーパーに買い物に出たら もう とうふそうめん風は
陳列棚から姿を消して 代わりにおでん種が並んでいました。
ゼロキロカロリーのゼリーも、秋のスイーツ系に変わってました。

夏が終わったんだね~。

とうふそうめん風も ゼロキロカロリーゼリーも 
ものすごーくお気に入りだった我が家の糖尿人は
とっても残念そうでした。

また、来年ね~。

(アマゾンとかで買えるけどねっ。また来年、また来年。)






いつもご覧頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
下のボタンをクリックして頂けると励みになります。
どうぞよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村
[PR]

by chiha2323 | 2013-09-16 17:14 | 食事  

<< 主菜でお腹を満たす献立作り ふくらはぎ、あんまり痩せてない。 >>