名古屋飯 どて煮

c0286531_23151093.jpg


今日の夕食。

*どて煮
*鶏肉の親子煮
*焼きナス
*いかと大根の炊き合わせ

「どて煮」っていういい方は この 中部エリアだけなんですかね。
豚の腸をボイルしたものと、こんにゃくや大根と一緒に 
赤味噌や砂糖で (私はもちろん甘味料で) 煮込んだものです。

寒くなってくるとスーパーのお惣菜コーナーでも
大きな鍋にぐつぐつ煮ながら 量り売りされていたりします。

精肉コーナーには 処理済、ボイルされた状態のものが並びます。

私は臓物系があまり得意ではないのですが
これだけは大好きです。

「どて飯」っていって これを白いご飯にのっけたものも
名古屋飯のひとつです。



赤味噌文化が かなり狭いエリアの文化だということは
頭ではわかっていても、実際に このエリアの外に出ないと
その文化の違いを体験することがないわけですが・・・。

まだ そういう体験をすることが少なかった若いころ、
新潟の友人たちに会いに行き、みんなで居酒屋に行った際、
友人が メニューにあった「もつ煮」を注文しました。

名前のまんま、もつを味噌で煮込んだもの と言うので
私は頭のなかで 「どて煮」をイメージしてしまったんです。

でも、出てきたものは見たことないもの。

間違いなく、臓物系の部位のものが いろいろ入っていて
にんじんや大根といった野菜と一緒に煮込まれているけれど
赤味噌煮込みじゃあない。

少しの白みそを煮込みに使っている感じ。
だから、臓物系のものが かなりグロテスクに見えたのです。
食べてみたら 美味しかったんですよ。

そうかー・・・・赤味噌煮込みじゃないんだね~~~ って言ったら
新潟の友人たちに 「当たり前!」 って笑われちゃいました。




赤味噌、比較的低糖質な調味料で よかったわw

これ 糖質制限的に食べれない食材だったら 
すごく悲しい~~。







いつもご覧頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
下のボタンをクリックして頂けると励みになります。
どうぞよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村
[PR]

by chiha2323 | 2013-11-18 23:11 | 食事  

<< 卵、何個食べてますか? チーズフォンデュとムール貝のガ... >>